07月≪ 2009年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/12(Wed)

絵本『海をかえして!』

今回のテーマに関する参考図書の紹介や、感想の交換などもしていきたいと思います。
第1弾は、おそらく読んだ人も多い『海をかえして!』です。
(僕は読んでませんが。)

海をかえして

絵本ナビ『海をかえして!』

ほとんどの参考図書は人間の側から書かれていますが、この絵本はムツゴロウたちの視点から描かれているということで、今回のミュージカルと共通するところがあるのでしょうか。

読まれた方の感想、お待ちしています。

(by ONO)
スポンサーサイト
16:35  |  参考資料  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/12(Wed)

東京新聞の記事

小林善亮実行委員長のインタビュー記事が先週の東京新聞に載りましたので、ご紹介します。
ミュージカルの宣伝ということではなく、今度の総選挙の争点に関する特集記事の一環だそうです。

東京新聞「争点の現場から」

<争点の現場から>憲法 失われた審判の機会
2009年8月3日

 米軍が迫り、防空壕(ごう)に追い詰められた家族。「ぼく、小刀持っているよ」。小さな息子から渡された刃物で、父親は次々に家族全員の首を切って最後に自決した。その血潮は赤い照明となって舞台を染める。集団自決の物語を回想する女子高生の独白が響き渡った-。
 所沢市上安松に住む小林善亮(よしあき)弁護士(34)は、憲法をテーマにした市民ミュージカルを企画している。舞台に立つのは二十、三十代の若者が中心。二〇〇七年五月に町田市など都内四カ所で行った公演は、沖縄戦を題材とした。ふだん憲法に触れる機会が少ない若い世代に、憲法の中身を考えてもらう狙いだ。
 沖縄戦の舞台の合宿中には、元ひめゆり学徒隊の女性を招いて体験談を聞いた。出演者の高校一年女子は当時、「(個人の尊重など)空気のように当たり前で普段、気付かない憲法が守ってくれることがあるからこそ、自分が自分らしく生きられることが分かった」と話したという。
 「憲法の中身を知らない若者は多い。だが、彼らも機会さえあれば、真正面から憲法に向き合うセンスと力を持っている」と、小林さんは言う。
 国民が衆院議員を選べなかったこの四年間、国会では自衛隊の海外活動を本格化させたイラク特措法、憲法改正へ扉を開く国民投票法などが相次いで成立した。いずれも国民の信を問うには十分なテーマ。だが、政権は首相をすげ替えるだけで、国民が審判を下す機会は失われ続けた。
 「憲法にかかわる施策が推し進められた構造改革の陰で、市民生活を軽視する政策が進んだ」と小林さん。憲法は「国のかたち」を示す基本法。「今回の選挙で、各党はあるべき社会像を争点として提示すべきだ」と強調する。
 だが、出そろったマニフェスト(政権公約)を、小林さんは「どれも二〇〇七年の参院選時を踏襲した程度」で不十分とみる。憲法改正を前面に掲げた安倍晋三首相があえなく退陣して以来、憲法問題が語られることは少ない。だが「(格差社会が広がり)国民の幸福追求権や生存権が脅かされている今こそ、各党は何が国民の幸福と考え、どんな社会を目指すのかを明記し、議論を起こすべきだ」と訴える。
 集団自決を演じることで、若者たちは、当時の人たちの痛みに思いをはせる。この想像力が、現代社会で弱い立場に追いやられた人たちの痛みへの共感につながる、と小林さんは考えている。
 手当支給や授業料の無料化など、盛大なばらまきで子育て世代の歓心を買おうと躍起の選挙戦。小林さんは言う。「国民の痛みに気付かないような政治は、国民から見放されるのは明らかだ」 (山内悠記子)


(ONO)
16:08  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/12(Wed)

8月1日稽古日誌

by No.89 いのっち

うだるような暑さの中、泉体育館にて8/1(土)の稽古が行われました。
この日は何よりも、暑さとのたたかいでした…^^; とにかくあつぃぃぃ。夏の体育館をなめたらいけませんね。みんな、びっしょり汗をかいて頑張っていました。
監督に「お前、大丈夫か?」と二回も尋ねられるほど暑そうにしていたI-Mariちゃん。でも本人曰く、見た目だけで全然問題ないそうです(笑)

さて、稽古はまず先週のダンスの復習から。布を持ち出して、HIGATAをオープニングから最後まで通して踊りました!踊り終わると、監督の「よし、きみら良くやったよ」との言葉。いやったぁ~と微笑みかけるも、すかさずMatsunobu女史登場!
「全然だめ!歌えてないでしょ~ヽ(`Д´)ノ」
す、すみません…。がんばります…。
HIGATAは立ち位置が決まりました!波を作る位置も決定です。波の形に入るときの振りが今までと反対になる列があります。注意しましょう~♪
最後に監督から宿題がでました。
「オープニングの動きがみんな同じ。それぞれ動きを考えてくる」
干潟の生き物として、何をどのように表現するのか。来週のみんなの答えが楽しみです!

さて、その後は歌です。HIGATA、WATARI、Dededeと練習。WATARIのラテンのリズム。なかなか掴めません。むずかしいッ( ̄□ ̄;)!!
Matsunobu先生の指導にも、稽古場の暑さに負けないくらい熱が入ります。Matsunobuワールド全開!その言葉一つ一つを聞き漏らさないように、真剣に取り組みました。
私達は素人だけど、お金を払ってお客様に来ていただく以上気持ちはもちろんプロです。
先生方の言葉はどれも重要。稽古場はかなり暑くて、集中力も途切れがちだけど、でも気持ちはプロ!耳をダンボにして聞き逃さないようにしたいです(^―^) 
みんなで真剣に、そして楽しく取り組みたいですね♪

そんなこんなで8/1(土)の稽古は終りました。とにかく暑かったこの日。帰りにONOさんとillyaさんと飲んだビールがうまかった~。せっかくのカロリー消費も、ビールで帳消しとなりましたとさ。
  ~おわり~          
                            
今日の流行語:「もーとーいー」byまり先生
15:42  |  稽古日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。