08月≪ 2009年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09/28(Mon)

チケットミーティング

昨日のランチタイムは「いかにチケットを売るか?!」各地域で戦略を
練ってもらいました。

「私はチケット売るのが得意なのよ!」と毎回100枚以上売っている
昌子先生にその極意を披露して頂く。50年近い活動の中で培われた
人脈が書き込まれている赤いノートを元に、片っ端からお手紙とチラシ
を同封し送るのだという。手紙が届いた頃に電話をかける。そうやって
一枚、二枚と地道に売っていくそうです。

早いうちから、販売枚数をのばしているMIHOKOさんも同じようにお手紙
作戦。この企画に賛同してくれている友人には10枚入りの封筒を預けて
いるとのこと。

茶畑まいごさんは、ご主人が「うちの妻も出ます」と手紙を出してくれて
いますと報告。いい旦那さんだ!

中学2年のsinは、職員室でも宣伝、バスの中でも知らない人にチラシを
見せてとにかくアピールする。「俺が出てんです。観に来て下さい」

石橋先生は今日の稽古に来るときに、バスの中で外人さんに声をかけられ
たまたまチラシを持っていなかったけど、台本の
「The earth dose not belong to man」のセリフを示し作品を理解して頂け
たと思うと。名刺を頂き、メールで公演の案内を送るつもりだとのこと。

いつもかばんの中にはチラシとチケットを持っていましょう。
私はチラシ二枚とチケット二枚を入れた封筒をいくつか持っています。
どこで誰に会うか分かりません。偶然あったそのときもチャンスを逃さず。
そして一枚買ってもらったら、「もう一枚、お友達を誘ってみて」と一枚分は
預けておきます。

地道な一枚一枚が大切です。

こんなにみんなががんばっているんだから、たくさんの人に観に来て欲しいと
思います。

(jun)
スポンサーサイト
13:01  |  チケットよもやま話  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09/28(Mon)

堤未果さんの言葉を借りて

先日、「Live!憲法ミュージカル」の呼びかけ人弁護士の所属する日野市民法律事務所の10周年記念行事で、ジャーナリストの堤未果さんを招いて講演してもらったそうです。
講演の中でこの憲法ミュージカルの取り組みはとても意義のあることだと、話されたそうです。

堤さんといえばもともとアメリカでプロの俳優目指してアクターズスクールに通っていた方。
僕らの公演も是非観に来てほしいものです。
(そういえば我らが堤(J)さんも俳優を目指す演劇少女だったとか…。)


堤さんの『ルポ 貧困大国アメリカ』のあとがきより引用させて頂きます。

「一つの国家や政府の利害ではなく、人間が人間らしく誇りを持って幸せに生きられるために書かれた憲法は、どんな理不尽な力がねじ伏せようとしても決して手放してはいけない理想であり、国をおかしな方向に誘導する政府にブレーキをかけるために私たちが持つ最強の武器でもある。それをものさしにして国民が現実をしっかりと見つめた時、紙の上の理念には息が吹きこまれ、民主主義は成熟しはじめるだろう。(中略)人間が「いのち」ではなく「商品」として扱われるのであれば、奪われた日本国憲法25条を取り戻すまで、声を上げ続けなければならない。

 この世界を動かす大資本の力はあまりにも大きく、私たちの想像を超えている。だがその力学を理解することで、目に映る世界は今までとはまったく違う姿を現すはずだ。戦うべき敵がわかれば戦略も立てられる、(中略)大切なのはその敵を決して間違えないことだ。

 無知や無関心は「変えられないのでは」という恐怖を生み、いつしか無力感となって私たちから力を奪う。だが目を伏せて口をつぐんだ時、私たちは初めて負けるのだ。そして大人が自ら舞台をおりた時が、子どもたちにとっての絶望の始まりになる。」


ムツゴロウの戦う相手は誰なんだろう?
「国」とか「権威」とか「公共事業」とか、漠然とした一般名詞で語られるその正体を、僕らは見定めることが出来るだろうか。


(ONO)
11:05  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。