09月≪ 2009年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/28(Wed)

武蔵野プレ企画の報告

後藤先生

先週の土曜の夜、三鷹公演のプレ企画として後藤弁護士によるお話とビデオ上映、出演者によるミニ・パフォーマンスが行われました。

後藤先生は先日の農水省前の抗議行動のYouTube動画にも登場する、「よみがえれ!有明訴訟」弁護団の若き弁護士さんです。活動拠点は福岡ですが、最近は陳情などで毎週のように上京されています。

昨年の佐賀地裁の開門調査命令判決を受け、国側が出した回答は開門するより前に事前の環境影響調査に何年もかけるというもの。しかしその間にどれだけの漁民が生活できなくなり、借金苦から自殺まで追い込まれることになるのか、ということを国は考えません。(実際には自殺だと保険金が下りないので事故死に見せかけた自殺がほとんどだとか。)
漁民が自殺するのは単に借金苦から逃れたいためだけではないでしょう。漁師という仕事が続けられないということは、自分の全人生を否定されることだからです。その苦しみを、霞ヶ関の役人は全く分かっていない、分かろうともしない。そのことに対する失望と絶望。

現在赤松農水大臣は政治的決断については逃げ腰で、長崎市長は開門断固反対でテーブルに着こうともしないのですが、弁護団側は実は有効な作戦を練っています。それはこの場ではちょっと言えないのですが。しかし11月中には事態が進展するのではという観測も持っています。(と言うかそのように仕掛けていくのです。放っておいて勝手に進展してくれるわけではないので。)


さて、この日後藤先生が持って来てくれたビデオは諌早干拓の環境への被害を解説したものと、それからTVドラマ『不機嫌なジーン』の名場面ダイジェスト。

干潟の映像を見る度に思うのが、僕らが衣装着て目玉つけてムツゴロウの真似していくら必死に飛び跳ねてみても、実際のムツゴロウがジャンプする映像の力、生命エネルギーの塊そのもののような姿を見る感動には、どうしてもかなわないと思ってしまう。
まあ僕らは映像ドキュメンタリーを作っているわけではなく、舞台芸術の表現者なのだから、板の上で勝負するしかないのだけれど。

そしてこの日間違いなく僕らを最も興奮させたのが『不機嫌なジーン』のビデオだった。
4年半前のフジの月9ドラマだったらしいが、見てみると干拓反対派と推進派の漁師同士の対立から、国の環境アセスメントの虚偽性まで、かなり突っ込んだ内容を描いていた。何より反対派漁師のリーダーをオダギリジョーがカッコよく演じていて、われらが男優陣の心を燃え上がらせた。動機は単純でいいのだ。(現実にはあんな雄弁な漁師はいないかもしれないが、リアリティばかり追い求めると身動きがとれなくなる。どこかで飛躍しないといけない。)

その後の出演者による『ムツゴロウ・ラプソディー』超ダイジェストバージョンも、えらく好評だった。泣いてくれている人もいた。
構成担当として、ひとまず胸をなで下ろすことが出来た。

僕のオリジナル構成として工夫したのは、漁師が苦しみを語るシーンでバックに女性たちの唄を無伴奏でうすくかぶせたところだ。ここをクライマックスにした。
本番の舞台ではそもそも人間は漁師しか出てこないので男と女の交流も無いのだが、この日のパフォーマンスでは男たちの悲しみと怒り、それを包む女たちの哀しみと慈しみが一体として表現出来たのではないかと思っている。
また漁師のセリフのあと変な「間」が空きそうになったとき、誰からともなくハミングが流れ出し、セリフの余韻たっぷりにラストのナレーションにつなぐことが出来た。その時その場にいた者の気持ちが一致して生まれた奇跡的なアドリブだった。

ラストのナレーションではこの国を作っていくのは霞ヶ関の官僚ではない、自分たちが作っていくのだ、それが「国民主権」なのだという馬奈木先生の言葉を引かせてもらった。僕としてはこれは外せない。
これは「人間の尊厳」を守る闘いだ、という後藤先生の言葉も引かせてもらった。漁師が漁師として生きていけないような社会では、自分が自分であろうとする尊厳が踏みにじられている。自らの尊厳にもとずき自分の手で未来を拓いていこうとする全ての人々が、手をとりあってこの国を変えていく、そういう意思表示だ。


(ONO)
スポンサーサイト
14:20  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/28(Wed)

これがブーワンです

ブーワン縮小 これがブーワンです

やまげんさん縮小  ブーワンを食べるやまげんさん(共食い?)

しおまねき縮小  しおまねきです
(撮影 ZENさん&めぐりん)

これらの写真は、鹿島干潟に行ってこられたZENさんとめぐりんが撮ってきてくれた写真です。
みなさまよろしければ感想など聞かせて下さい。(yome)

12:28  |  写真  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/23(Fri)

今週の歌唱指導

今週は松延先生直筆も転載しています。


釣瓶落としの夕暮れに秋の深まりを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
と、少々雅な冒頭で2週間ぶりの音楽メモに参りますが、今週はメモってレベルではありません。
リハーサルを終えて、matsunobu先生より直々の指摘を頂きましたので、ここに記させて頂きます。

【天の章 ~神の怒り~】※以下は、ブログよりそのままコピーさせて頂きました。

・『干潟』の歌1x、ソプラノは音が取れてないね。弱いよ。風邪で声が出ないのかと思ったけど2xは出てるんだから。

・『渡り』は2xの立ち位置が上手側奥、鳥たちとムツゴロウやブーワンたちの間が空き過ぎ!!

・水門が落ちて渦が止まって静寂を感じさせてからサクちゃんが「あーっ!!」と叫んでくれ!
 それから静かなところなので、みんなの足音がウルサし。。バタンって手をついたり、足を踏みしめる音もうるさい。

・『乾く』は「泥は~固く」「悠久の~時が」の「~」の部分は一息で。ブレス無し。
 2xピックアップメンバーが歌っている時は回りは動いちゃダメ!!!
 歌を集中して聴けないので。どうしても動いている人に眼が行ってしまうので。暢さんもここは動かさないでっっっっ!

・『SOS』は歌い始めがちっとも悲しくない。歌い慣れた感じで、新鮮な驚きと哀しみが無くなって淡々とし過ぎだと思うよ。
 「人はちきゅうが」の「う」が上がりきってない。アバウトだから悲しくないのかも。
 「思い出だけの風景」誰だっ!!コラっ!!!一人だけ独唱してたのは。合わせろよ。

・『不知火』男性、歌詞を覚えろよ!! 感極まって歌えないのと覚えてないから歌えないってのは全く聴こえが違うからね。

・最後の台詞を言う10人だったっけ? マイクの位置まで歩いていって喋ってくれ。
 ここは全員ワイヤレス無しです。なのでこれじゃ全く拾えん。

・『回帰』の立ち位置、2xは下手、津川さんとillya、前後逆にして。昨日暢さんにそれぞれの間隔についてもっとこっち、とか注意されてたみたいだけど、それはあくまでも間隔の話。だからその位置関係で前後入れ代わって。
 「若い翼」のsolistは必ずマイクの位置まで行ってから歌ってください。
 woohoo隊はバックに仕込んでおくので、歌ってるっていう演技をしちゃっていいです。でもソロじゃないので「みんなで空気を合わせてる感」がでるような演技ね。

【地の章 ~平田の呟き~】※こっから、筆者の主観です。

 とりあえず、男声の不知火に関しては、matsunobu先生とハモらせて下さい(´・ω・`♯) お ぼ え て(泣)
 曲の細かい部分に関しましては、今週は僕から言及する必要はないと思いますが、少々気になる意見を小耳に挟みましたので。
 干潟の出だしのソプラノの音などで、『動きをつけると音が取れなくなった』と言う意見を聞きました。
 解消のための練習方法ですが、まず第一段階として、音取りCDのほかのパートを聴きながら、自分のパートを歌うことから始めてみて下さい。そうする事で、舞台上で音をふと忘れた瞬間に、他のパートの音をヒントにして自分の音を思い出すことが出来るようになります。
 次は、何かをしながら歌ってみて下さい。歩きながら、スポーツをしながら、食事の準備をしながら、競馬の予想をしながら、ドラクエのレベルを上げながらetc...
 こうした練習を重ねて、条件反射のように歌が口を突いて出るようになってこそ、一つ先のレベルに行く事が出来るようになると思います。
 難しいし、大変な事かも知れませんが、もう公演まで残す日も僅かとなりました。
 少しでもよい舞台を目指して、最後まであがいてみませんか?( ̄▽ ̄)


Presented by かじりまる
09:21  |  歌唱指導  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/23(Fri)

20091018東大和市民会館舞台稽古

10月18日東大和市民会館で初めての舞台稽古がありました。

舞台は準備中、まずはロビーでストレッチ
09101801.jpg
舞台から見た客席はいかがでしたか

前日の監督の一言を忘れずに
監督の一言
衣装をつけてリハーサル
09101803.jpg

本番まであと半月足らず。稽古は5回です。



02:35  |  写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/20(Tue)

自主練風景

9月の後半から、土曜日に自主練を開催しています。
自主練なので、参加者はまちまちですが、ダンス係のメンバーが中心になって、気になるところ、「稽古場だと、練習止めちゃいけないと思って・・・」と遠慮して聞けないところを、ゆっくり何度も繰り返したりして。

17日も立川にある多摩社会教育センターで行いました!

自主練2
ラストダンスなので見守るさくちゃん

自主練1
奥にいるのはお母さんを見守るちーちゃん

ちょっと撮影者の腕が悪くて、ぶれちゃってますが・・・。ご容赦を。

2時間ない位の練習ですが、良く分からない、ついていけない、って部分がクリアになって。
だから気持ちに余裕ができるし、その分周りが見えたり、「想い」を込められたりできるんじゃないかな?と自主練見ながら実感してマス

そんな自主練も残すところあと1回。
24日の夜練で最後です。

(MeG)
19:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/16(Fri)

漁師の芝居はこうして創られていく

はいさい
キリンです。
男性の芝居稽古ですが「密室」で行なわれているので、どのような様子なのかをみんなにお知らせします。

【はじめに】
この稽古は“重い”です。そして男くさいです。そいでもよか…

【稽古を仕上げていく主な流れ】

①台詞読みしながら役を決めていく。

②登場する漁師の立場や関係、言葉の意味を理解していく。

③標準語を真鍋君に長崎弁に直してもらう

④動きをつけながら各々の絡みを考え決めていく。


【田中監督から指摘されたこと】

●言葉に感情を込めすぎるな。
変に気張らず、きちんと干拓にまつわる事情や経緯を台詞でわかるように伝える

●“演技”はしない。
悔しい時、悲しい時は本来、大袈裟な身振り手振りはしないでしょ。
自らの気持ちから素直に出る動きを大切にする。

●自分がどんな立場と心情の漁師なのかを理解して動く
例:漁師のリーダー(小野田)の土下座を阻止する漁師、さらに、それを制止する漁師同士が喧嘩するのではない。同じ苦しみを抱える漁師なのだ。

【稽古の様子】

基調になる小野田の迫真の演技!その世界に漁師みんなが引き込まれています。さらに、いぶし銀の様な野太い大村さんの台詞、無骨なカッチさんの雰囲気、えっ、地元の人?の中山まーくん、若々しい野木君の動き、そして個性が出て、噛み合ってきた、みんなの存在…
前回稽古のタッチムツゴロウも交えた阿吽のバケツリレーでは田中監督から『すばらしい』と一発OKをもらいました。

【キリンの感想】

諫早干拓の実態を描く、この『人間編』…
何でやるの?と最初は思っていた。
漁師でも無く、住む環境も異なる自分たちに、あの辛辣な世界は表現出来るのか?と自問自答する日々。

けど、“諫早の問題は日本の矛盾の縮図であること”&“生物と自然と人間の苦しみ・願いが融合するであろうミュージカルの結末”を知り、思い直しました。
あと三週間、自分の想像する力と創造する力を信じて邁進していきます♪
そいぎんた。
18:16  |  稽古日誌  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/16(Fri)

ムツゴロウ・ファイト!

スウィーツ

Matsunobuさんの息子(KOUSUKEさん)の奥さんがパテェシエとしてつとめるお店に宣伝に行ってくれた武蔵野担当のSUGAIさんとMISAKAさん。
おいしそう!

昨日の吉祥寺パレード楽しかったです。
SUGAIさんのシオマネキ姿、写真を入手したらブログにアップせねば。

(jun)
18:14  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/16(Fri)

農水省前での訴え

今朝の農水省前での訴えをYou TubeにUPしました。

40分ほどの間でしたが、500枚のビラは全てはけきりました。「今日はビラの受け取りがいい」とのこと。
霞ヶ関でも関心が高まっているのでしょうか。

話者はよみがえれ!有明訴訟弁護団の後藤富和弁護士(24日の武蔵野プレ企画の講師をして下さいます)と、長崎・佐賀・福岡の漁民の方々です。


後藤弁護士の前説

小長井の松永さん

熱弁をふるう後藤弁護士

佐賀の平方さん

佐賀の川崎さん

大牟田の中島さん

再び松永さん

農水省前

松永さん

調整池からの排水で大きな被害を受けた松永さんのアサリ漁場
12:28  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/12(Mon)

10月11日稽古風景

徐々に衣装ができあがってきました。みんなうれしそう。
RIMG0081.jpg
RIMG0074.jpg
RIMG0070.jpg
RIMG0084.jpg
22:48  |  写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/12(Mon)

10月10日稽古風景

RIMG0014_20091012203108.jpg
RIMG0006_20091012203108.jpg
RIMG0045.jpg
RIMG0068.jpg
RIMG0087.jpg

22:33  |  写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/09(Fri)

大阪のブログ第2弾

大阪のまぁくんが、大阪のブログにこの前の日曜の様子をアップしてくれました。

突撃!東京ムツゴロウ 稽古篇
13:01  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/08(Thu)

10月3日稽古風景

l_abce26bd76bfdbc10623f93249679380071470ba.jpg

l_3c7b1241ebc4924edeb73f5045914ffaf1f44b53.jpg
l_c510961491a9c71abbb22e7c78d3985fb52e6767.jpg
l_3df83336de49dd3e9aafbdbbf9a27421f9caa87b.jpg
l_5c707a5d648670359c62f0fb0403f688b71624a7.jpg
18:02  |  写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/02(Fri)

今週の歌唱指導

合宿を終えて、いよいよ稽古も後半戦。
そろそろ音と歌詞は完璧に入っていて然るべき時期ですね☆(プレッシャー)
さて、細部に言及する前に、一つ確認したいことがあります。
皆さん、自分が歌うべき場所をもう一度確認してみましょう。
ピックアップメンバーだけが歌うはずの場所で、一緒に歌ってしまっていたりしませんか?
例えば回帰の最初の部分などが良い例ですが、その辺りのメンバー選択は、音程だけでなく、音量のバランスなども考慮されています。
歌いたくなるのも分かりますし、全部歌ってしまった方がややこしくないのも分かりますが、音楽的な演出もありますので、プレ企画などで人数が足りないとき以外は、約束事としてきっちり守りましょう。
音に出さず、空気で音楽に色を加えるのも、重要な演奏の一つです。

【SOS】

「人は」「地球が」などの連続のフレーズで、音系は同じで高く上がる部分が有ります。
このような場所では歌そのものも一段階上げる感じで歌いましょう。

「The earth dose not belong to man」の部分、「earth→dose not」は、ほぼ繋げて歌って下さい。
「アース」が短すぎると、伝わるものが弱くなってしまいます。

「思い出だけの風景」は、指定された方以外は完全にウィスパー(囁き声)で歌って下さい。
簡潔に説明すると、息混じりの声をウィスパーと言いますが、感覚としては遠くに内緒話をする感じが近いと思います。


【傭車】

歌 詞 を お ぼ え て 下 さ い ∴(つД`)フ゛ワッ

疲れきった感じにならず、不満、憤りなどを滲ませて、意志的に歌うと良いようです。


【回帰】

Woo-hoo隊の皆様、この部分は、自分の音だけでは絶対に成り立たない部分です。
我を捨て、個を集めた全となって、一つのハーモニーを創造するつもりで、常に自分の考える限界以上の良音を目指しましょう。
歌う寸前に、誰かと視線を絡めて下さい。きっと、出すべき音が見えてくると思います。


【全体として】

間違えてはいけない歌詞が有ります。
例えば、極論的に例を挙げると、回帰の『あの日に帰ろう』が丁度良いでしょうか。
この部分は、1番2番では『帰ろう』で、ラストだけ『帰そう』となっています。
ラ行やナ行と言うのは、子音的に聞こえが弱く、『帰そう』の時に、誰か数人が『帰ろう』と歌ったとしても、恐らくそれはサ行に押されて、掻き消える事となるでしょう。
ですが、これが逆だった場合、つまり、『帰ろう』の時に『帰そう』と言ってしまった場合です。
多分、100人の内の1人でも『帰そう』と言ってしまったら、少なからず『帰そう』と聞こえるお客様が出るはずです。
サ行やタ行などの強い子音は、そう言った危険を大きく孕むので、十分に注意して下さい。
だからと言って、「じゃあ子音を立てるのやーめっぴ(´・ω・`)」と、曖昧に歌うのも御勘弁を(苦笑)
これだけの音量のBGMの中で、動作が入りながら歌うわけで、必要以上に子音を立てないと、歌詞は伝わりません。
伝えたい想いが沢山詰まっている曲ですので、少しでも多く伝わるように、残り一ヶ月、みんなで頑張りましょう!

(Presented by かじりまる)
09:55  |  歌唱指導  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10/01(Thu)

大阪のブログに

大阪のブログに、東京の合宿に参加してくれたマヨさんのレポートを載せてくれた、ということをMatsunobu先生のブログへの大阪の「まぁくん」さんからのコメントで知りました。

突撃!東京ムツゴロウ合宿

東京は技術的に洗練されている、ということは裏返せば雑味やアクに欠ける薄味、ということで、それは去年の『ロラマシン』でもそうでしたけど、その辺は関西人にはどうやっても敵わないだろうから東京は東京らしくスタイリッシュな表現を、と思うのですが、そうすると大阪版を見てきた先生方からは「大人しすぎる」と言われてしまう。

エネルギーの総量は変えずともそれを外に向けて放射するのか、体の内部で燃やすのか・・・。
もちろんお客さんに届かなければ始まらないけど、エネルギーが束にならずに中途半端に拡散してしまうことをおそれます。

しかしエネルギーの総量もまだまだ不足しているのでしょう。
まずは、歌詞の不明瞭さとダンスの不統一を克服していきましょう。


(ONO)
09:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。