03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09/08(Tue)

山田洋次監督講演会

9月6日の夜、今年のプレ企画の目玉イベントである山田洋次監督の講演会がありました。
1週間前まではまだまだチケットが売れ残っておりヒヤヒヤしていましたが、実行委員のふんばりと、直前の大手新聞への記事掲載によって売れ行きに火が付き、瞬く間に売り切れてしまいました。
ご来場をお断りしてしまった皆様方には、誠に申し訳ありませんでした。


以下、僕が山田監督の言葉の行間に感じ取った、あくまで個人的な感想を書かせて頂きます。文言も監督の言葉通りではありませんので、誤解のなきように。

山田監督作品の、社会的弱者に注ぐ温かい眼差しの根底にあるものを解き明かしたい、という主催者の意図とは裏腹に、「最初からそういう(弱者救済的な)目的を持って作っているわけではない」と、正直に誠実に話されていたのが印象的でした。
はじめに主義やメッセージありきではなく、監督が出会った様々な人たちの、泣いたり笑ったりしながら一生懸命生きている姿を、丁寧に丁寧にフィルムに焼き付けて、作品を作って来られたのでしょう。

「昭和30年頃の最高の日本映画を作っていた技術は、今の日本映画界にはもう残っていないんだ」という指摘もありました。
その時代は映画作りの全てのスタッフが正社員であり、それゆえあらゆるスタッフが惜しみなく力を注いだからこそ、最高の作品が生み出されていたということでした。

自分と同年代の外国の映画監督たちに対する厳しい批評眼からは、安直に作品を作ろうとすることへの厳しい戒めが感じられました。
人間の真実に迫り続けようとする執念や、丁寧にフィルムに写しこむエネルギーが枯渇してしまったら、もうその人の作品は見る必要がない。
第一線で映画を撮り続けている方だからこそ持っている芸術創作に対する厳しさを垣間見ました。

他にも沢山のことをお話頂きましたが、とりあえずこの辺りで。


質問コーナーの最後に「”若い”出演者からの質問です」といって僕が書いた質問をとりあげて頂きました。
実は前の晩から何を聞こうか考えた末の質問だったのですが、自分の中で出した答えを半分まで書いてしまったような悪文で、あまり良い質問ではなかったかな、と思っています。もっともっとお聞きしたい話は山ほどあるのですが・・・。


(ONO)
18:29  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

「心が暖かくなるような笑い。笑われた本人もそのあと一緒に笑って幸せになるような・・・」ということを山田監督は話されてましたね。
そうだ。この暖かさが山田作品の優しさなんだ。

まさに右往左往の稽古の様子を見ていただいたわけで、私なんぞほんとに不出来で顔も上げられないほど恥ずかしかったです。

それにしても身動きできないままの1時間は顔で笑ってお尻で泣いてました!
茶畑まいご | 2009.09.09(水) 14:41 | URL | コメント編集

●Yukikoさんへ

衣装を自分で縫ってみます!
私は最初からデキナイと丸投げしていることに気づきました。

月曜日、裁断するだけで緊張で腰が痛くなりました。
火曜日、ミシンの取説を見ながらそおっと針をおとす。・・やった!縫えてる!しかし体に合わせてみたらキツイ!!・・ので  ほどく・・

なんとかモノになったら 皆さん ほめてくださ~いv-20
茶畑まいご | 2009.09.09(水) 15:05 | URL | コメント編集

●茶畑まいごさんへ

やったー!がんばってくださいね。12日にはソーイング講習会もあるって言うし・・・・。わたしなど、まだ、裁断も何もしてません。でも茶畑さんが自分で作ればそれはより思い出深い衣装になると思いますよ。わたしが初めて衣装を作ったのは19歳の時かなあ・・・・。合唱団用のドレスやロングスカートを近所のおばちゃんに教えてもらって作りました。「自分で作る」ってところがいいんですよね。がんばりましょう!
yukiko | 2009.09.09(水) 22:00 | URL | コメント編集

●合宿もやっぱり、サイコー!ヽ(^o^)丿

たっぷり、憲法ミュージカルの空間に包まれた二日間、幸せでした~
へとへとまで、身も心も使って、夕食の乾~杯!!、たのし~!!
こんな楽しいなんて、知らなかった~やめられない~!!と、あいるも今までに味わった事の無い楽しさ胸いっぱいで、帰路に着きました。

通しの稽古で、だんだん、本番に近くなりつつある実感が、さらに、SOSや、KAWAKU歌いながら、涙が出てきちゃいます。。

そう、今朝おきて、「ど ろ」が胸に残ってる。。夢を見たのかなぁ、、?繰り返し繰り返し言った余韻かな~
それと、なんだか、膝のあたりが痛い、、紫のハンコがあちこち。そうかぁ~よく死にそうになったしなぁ~と。
  
さて、合宿で、何人かの足を触らせていただきました。みなさんと身近にお話しできて、楽しかったです、ありがとうございましたヽ(^o^)丿

みんな、生身の身体をもって、魂を磨きながら生きてるのです。
みんな、身体張って生きてるんです。
とくに、この熱い憲法ミュージカルの面方は、思いのエネルギーが強すぎて、身体が酷使されてるような、、、
ともかく、身体あっての、ご本人。
表現する人は、つるの恩返しにならないように、どうか、身を削らずに。長生きするのが、責任として。
関口さんまで、池田さんまで、豊かにステージに立ち続けること、
馬奈木弁護士さんのごとく、長く長く、訴え戦い続ける事。そのことが、具体的な力になり、形になること、

監督の「内なるもの、、、」の言葉
感性は、実に本人よりももっと前から感じたり、すでに知っていたりしています。身体はかなり訴えてたりしています。
それを、感じ取り、実感として、自分の腑に落とす。
そんなことが、自分の足から、感じてもらえればな~とか。。。(^^)

ま、ともかく、自分を活かす大事な道具です。
心と共に、さび付かせないように、油を差しながら、潤滑に。
案外、簡単なんだ~な方法を提案できたらな~と思いながら、みんなとともにやって行きたいと思います。

わたしでわかることがあったら、勉強しながら、共に生きましょう(^^)/~~~

なんて、カッコいいセリフ言っちゃたりしてるわたしが、足もみするようになったのは、やっぱり、嫌いな医者に薬に頼らなくてはならなくなった時に、出逢ったので、わたしもいつも、勉強勉強なんです。


あいるのかーち | 2009.09.24(木) 16:09 | URL | コメント編集

●怒涛の六日間

あいるのかーちさん 合宿の特別講座 足もみありがとう 
人間の体ってほんとに不思議。
足と体がそれぞれつながっているなんてね。これからも足もみ教えてくださいね。

19日からとびとびの怒涛の六日間!さすがに反応のにぶい私の体も、昨日は歩きながら「ど~ろ~」などと口ずさんでいました。
では、明日からの練習に備え今日はとりあえずお仕事に行ってまいりまーす。
茶畑まいご | 2009.09.25(金) 07:59 | URL | コメント編集

皆さん合宿お疲れ様でした。
早く「合宿」トピックを立てなければと思いつつ、自分の感想を書いていたら公式ブログには載せづらい過激な内容になってしまったので、今回は自分のブログに載せることにしました。

ONO | 2009.09.25(金) 09:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/109-2197c073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。