04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/26(Mon)

由美子&みゆな報告~その③


<干潟>
 お昼の牡蠣焼きはおいしくて、とても楽しい時間でした。干潟の水をぬいてす
ぐの時、泥土の上はぎっしりの貝で真っ白だったそうで、こんなに貝がいたのか
と驚いたと時津さんも言っておられました。牡蠣も今はなかなか獲れなくなっ
て、佐世保や大村のものが多いそうです。後で立ち寄った大良漁港も、蟹名物の
旅館や店がたくさん並んでいましたが、今は蟹が獲れなくなってしまい困ってい
るそうです。
 食後、潮受け堤防の上の湾を分断する道路を車で走りました。テレビでも何度
も見たギロチンの部分も含めて約1.2キロメートルの潮受け堤防の上が、今は道
路になっています。その外側が諫早湾、内側が調整池です。調整池の水質はあま
り良くならず、貝やムツゴロウたちの自然浄化作用がなくなったのだから当然な
のですが、農水省は頭が痛いところなのだそうです。
 それから夕方の引潮に合わせて佐賀の側にある干潟に連れて行ってもらいまし
た。堤防を降りて行くと、そこに見えた風景は、何と美しかったことでしょう。
なめらかな泥のひだが夕日に光りながら沖へ続いていました。浮き桟橋の先まで
行って泥を触ってみると柔らかく、暖かく、娘を生んですぐにまだきれいに拭い
てもらう前に触った新生児の触り心地を思い出しました。みゆなは「この中でム
ツゴロウさん冬眠してるの?暖かそうだね。」と言いました。
 その後、時間のない中、時津さんが見せたかったという河口の干潟も見せても
らうことができました。ゆるやかな泥の曲線が海に向かって行く景色はやさし
く、とてもすてきでした。「昔は諫早に流れ込む川の河口はみなこんな風景だっ
た。この景色が私は一番すきなんだ。」と、時津さんは言っておられました。時
津さんのお話で、私が一番心に残ったのは、「ムツゴロウのいるあのすばらしい
干潟の風景は、土地の人には当たり前のもので、よそ者の自分が何を言うかと
思っているかもしれないけれど、よそ者だからこそわかる価値がある。」と言わ
れたことです。東京の何の関係もない私たちが、諫早のミュージカルをやること
に、何だかイメージが湧かないような、少し胸にひっかかるものがありました
が、その言葉が勇気をくれました。そして、日没近くに見た夕日に光る干潟のや
さしい風景を愛おしいと思えたことで、胸のひっかかりが消えていきました。
 時津さんと車を同乗したおかげで聞くことのできたことを、みんなに伝えたい
という思いで長文になってしまいましたが、そのわりに思うように書けませんで
した。とりあえずこのくらいにしておきます。
 最後に、お土産にみんなで買い占めたかけしょうゆの簡単レシピを一品。
<油揚げのふりかけ>
油揚げを小さな5センチ以下のダイスに刻み、乾煎りして、かけしょうゆを回し
かけ、更に香ばしい香りが立つよう少し焦がすように煎る。火を止め、炒り胡麻
を混ぜて出来上がり。ふりかけとしてご飯にかけたり、豆腐にかけたり。日持ち
もいいですよ。
16:17  |  諫早レポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/15-65895cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。