06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/04(Wed)

三番瀬

三番瀬の全景
先週末、千葉出張の帰りに三番瀬を見てきました。

工業地帯の間にぽっかりと砂浜が開けていました。
佐賀の鹿島で見た干潟は、泥が隆起して盛り上がっていましたが、
こちらは平らな浅瀬が遠くの方までずっと続いている感じでした。
ここは、かつて埋立て事業が計画されましたが、
市民の反対で計画が中止され、
今は干潟を守るため行政と市民が円卓会議を作って、
三番瀬のあり方について協議をしているそうです。

こじんまりした干潟です。
干潟の上を歩きましたが、泥も意外としっかりしていて沈み込むようなことはなかったです。
泥に波の形が浮かんでいるのが不思議でした。
春から初夏には潮干狩りも出来るようで、もうアサリもいました。
鳥が多く、そこかしこの干潟の上で休んでいました。
岸に近い干潟の上にも鳥の足跡が付いています。
鳥にとっても文字通り都会のオアシスなんでしょう。

こんなこじんまりした干潟は残せても、
日本の干潟面積の半分に及ぶ諫早を残せないこの国っていったい何なんだろう
と思いました。

三番瀬の後は絹の道合唱団のコンサートに行きました。
大勢のアンサンブルで一つの一つのことを表現する。
人間と自然が一つのアンサンブルを奏でることもいつかは出来るはず。
(Zen)

工業地帯のあいだの干潟
工業地帯の間の干潟です

干潟に波の形が刻まれる
干潟に波の形が刻まれる

鳥の憩いの場
鳥たちの憩いの場

すぐ側に工場の煙突があるとは思えません。
すぐ側に工場の煙突があるとは思えません

タンカーと鳥と干潟と
タンカーと鳥と干潟と

鳥の足跡も刻まれます
動物の足跡も刻まれます

アサリと鳥の足跡
アサリと鳥の足跡

漁もしています
漁もしています
14:46  |  写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/31-593a19a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。