04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/16(Fri)

諫早の生き物を想うby rain

遅くなりましたが諫早レポートです。
本名非公開なのでアレ?っと思われる方いらっしゃると思いますが集合写真の黒尽くめちゃんです 笑

ギロチン水門が下ろされた時、私は4歳で、何も知らないまま大分に住んでいました。生き物が大好きな子供でした。今の私はそんな頃のことは記憶の片隅で日々、目の前にあることにいっぱいいっぱいですが、今回の諫早ではそんな生き物が好きだったことばかり思い出されました。見たきた景色は渇いた農地、干拓地、水門、そして干潟。水門には只只、違和感しかなくて、地球にある自然の海が人間によって造られたたった一本の直線で仕切られてしまったことが悔しかった。見てきた干潟のような光景が、今回は冬だったから生き物達は見れなかったけど、あの渇いた土地一帯に広がっていたと思うと失ったモノの大きさが在り在りと感じられました。
かつてそこにいた生き物達の写真を見て、どうして生き物達を殺したのと、湧いてくるのは怒りばかりで、私は人間だから怒るというのもおこがましいのかもしれませんがどうしてもそう思ってしまうのです。きっとそう思うのが幼かった頃の生き物が大好きだった私なのでしょう。
今回のテーマはキジムナーより、ロラマシンより、憲法というものを私に感じさせてくれる、そんな風に感じた旅でした。
15:19  |  諫早レポート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/7-63650f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。