10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/24(Mon)

8/22 DEDEDEI動画

みゆなパパに撮影してもらったDEDEDEIの動画をYouTubeにUPしました。

DEDEDEI通し

後半の振り付け、しっかり復習して下さいね。

(ONO)

Chouju_sumou.jpg
(「鳥獣戯画」より)
12:52  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

これって確か『鳥獣戯画』ですよね…?

        ♪♪何か楽しそ~~♪♪《笑》

noburu氏によると…

「誰も彼も一様にわけの分からない、ただクネクネしてるだけの動きじゃダメ…」

ってお話でしたよね?
でもって…

    『もっと干潟の生き物の実際の動きを研究しなさい』

みたいな…《汗》

人一倍体が硬くてダンスも下手くそなわたしが言っても説得力無いと思いますが、このウサギさんとカエルさんを見た瞬間、やっぱりその瞬間瞬間の「気持ち」ってスゴク大切なんじゃないかと思ってしまいました♪

嬉しいのか、楽しいのか、驚いちゃってるのか、はたまたお腹が空き過ぎて不機嫌なのか…。

もちろん本物のムツゴロウにもシオマネキにも、そんな複雑かつ具体的な感情の変化は無いんでしょうけど…《滝汗》

でも少なくともこのウサギさんやカエルさんが生き生きしてみえるのは、必ずしも「ウサギらしい動き」や「カエルらしい動き」をしているからではなく、『楽しさ』や『嬉しさ』が動きになってる……つまりは……

        「気持ちが体で表現されている」

からじゃないかな??

この絵を見ていたら、何かその辺りに「わけの分からない何者か」から脱却するためのひとつのヒントが、ある様な気がしたんだけど…。

でもコレってもしかして……演出家の意図するところの真逆を行っていたらどうしましょう…《脂汗》

ある意味それもスリリングでいいかも♪

はははのは…
illya | 2009.08.25(火) 00:59 | URL | コメント編集

戯画作者や、現代ならアニメ作家とかも、基本は「対象の観察」だと思います。

犬や猫には感情がありそうですが、カエルやムツゴロウは感情ではなく本能によって動いているんでしょうね。
そこに「愛嬌」とかを、観察者が勝手に投影しているわけで。

あまり主観的に「楽しい~!」ってやっちゃうと子供のお遊戯の世界になっちゃうだろうから、僕らは本能に忠実に食べ物を探したり、縄張りを守ったり、求愛をしたりすればよくて、お客さんがそれを見て滑稽に思ってくれたり生き生きとした躍動感を感じてくれれば、それでいいような気もします。ていうか単に僕が「心から楽しんでいない」だけなのかも知れませんが。
ONO | 2009.08.25(火) 01:57 | URL | コメント編集

しかし単なる形態模写をすればいいわけでもなく(貝の形態模写ってどんなだ?)、観察によって得た豊かなイメージを持った上で、そこに「戯画化」という主観のフィルターをかけた上で、それぞれが自分独自の「表現」を見つけていかないといけないんでしょうね。
最近はもうそればっかり考えてます。
ONO | 2009.08.25(火) 02:38 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/71-1f9713ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。