08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/26(Wed)

稽古日誌~8月22日の巻

実に2週間ぶりの稽古です。
柴崎学習館(初めての場所らしいです)という、立川駅から10分ほどの場所だったのですが、今日はとても暑くて、来るまでに汗がたらたらと…私も含め、皆さん夏バテ気味の模様でした…(汗)

久々の稽古の始まりは、ストレッチ・発声から。身体の調子を確認しながら、じっくりみっちり全身をほぐしていきます。発声は部屋の構造のせいか、とても響いて上手く聞こえます。おっと、だまされてはいかんいかん…

次に前回までのおさらい。やはりお盆休みの影響か、所々振りが抜けてしまったり…人間とは忘れていく生き物なのですね。
HIGATAの最初の振付を踊るにあたって、石橋先生からは各生き物の動きの例と「テクニックではなく、イメージで踊って下さい」と、そして田中先生からは「生き物になりきって!入り込んで!恥かしがらないで!」とのアドバイスを頂きました。このような貴重なアドバイスを基に、だんだん私達の心と身体が「ヒト」ではなく「HIGATAの生き物」へと変身していけるといいなぁ、と思います。
今日はさらに先へ進み、「春の祭典」の振付を少しだけ教わりました。手足の柔らかい動きが難しい!…そして次の日、怒濤のダンス振り入れがあるとは、この時予想だにしていなかったのでした(笑)

歌の時間は、いよいよラストの曲「回帰」の音入れをしました。しかし…むちゃくちゃ難しい!!転調の嵐・嵐・嵐!4声合わせると何がなんだか…半ばパニック状態でした(私だけ?)。Matsunobu先生曰く、「この曲はゴスペルのつもりで書きました」とのことです。少しでもゴスペルに近付くにはもっともっと、歌のパワーとソウルが必要だなぁと実感しました。
さて、音取りの難しさと長時間の練習の疲れも手伝ってか、一瞬私達の集中力の糸が少し緩んでしまいました。するとすかさずMatsnobu先生から「うるさーい!」の一声。再び糸がピンと張り詰めました。
舞台は集中力が切れると、ささいなことから大きな事故・怪我につながってしまうことがあります。他の人に怪我をさせてしまうこともあります。本当に、稽古の時間は長いですが、きちんと集中力を保っていなければならないのだと、改めて思い知らされた一瞬でした。

私は初めて憲法ミュージカルに参加しましたが、稽古の時間に一瞬たりとも意味のない時間などないんだなぁと、ひしひしと感じます。本当に学ぶことばかりで、脳みそと身体が悲鳴をあげています(笑)これからは土日と連続して稽古が続くので、身体を労りつつ休ませつつ、11月まで突っ走りたいと思います!

ちなみに練習後は「同胞」上映会が催されました。私は参加できませんでしたが先にレンタルDVDで拝見しました。ネタバレになりますが青年会の人々の姿が事務局・実行委員の方々と重なって見え、本当に裏からキャストを支えて下さって、大変なんだなと思いました。事務局・実行委員の皆様、いつもありがとうございます!!
なお、29日の「同胞」上映会にも参加できない!という方にここだけの話です。新宿東口のTSUTAYAに行けば、レンタルが置いてあります。是非探して見て下さい!


キャストNo.48
I. K
09:41  |  稽古日誌  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●ご新規さん、続々登場~~♪

なな さん、いらっしゃいませ!

初参加の方が少しずつ…ココだけでなくいろんなところで声を上げてくれるのが、何だか嬉しかったりします《笑》

チーム津田塾の『憲法ミュージカルドキュメンタリー』…良かったですよね♪

個人的に注目せざるを得なかったのが、オーディションのシーンで登場していたキャストの顔ぶれ……

       ☆☆☆こうきましたかっ!!☆☆☆

って感じで《笑》

その時点ではあくまでニュートラルな気持ちで向けていた(←多分!)カメラのレンズを通して、彼女達の目に映っていたであろう様々なキャスト達…。
そしてそのデータを削ったり繋いだりして、最終的に「作品」となった映像にクッキリと存在を残している何人かのキャスト…。

チーム津田塾の皆さんの『キャスティング力』の鋭さを感じたのはわたしだけでしょうか??

そんな彼女たちのお眼鏡にかなったキャストの表現は、間違いなく本家本元の先生方にも大きくアピールしていた事でしょうね♪

そんなこんな……ほんの15分程のドキュメンタリーひとつとっても、ななさんとillyaとで着目点からしてこんなに違います《笑》

「100人がそれぞれ感じるものがあっていいんだなと改めて思いました」

全くもってその通りだと思いますよ~~♪
illya@No.63 | 2009.08.27(木) 04:01 | URL | コメント編集

●No.48 KEIさんへ

   ♪♪新宿東口TSUTAYA情報、ありがとうございます♪♪

上映会にお邪魔しましたが、用事があってどうしても途中退場しなければならず…《汗》

どうにか公演の開催が決定して、黒板に「決定」の2文字が書かれるところまで見届けて、視聴覚室から退出したんですよ。

続きが気になりますので、とにかく近いうちに何とかして最後まで観たいと思います《笑》

寺尾聡演ずるところのどちらかと言えば「冴えない」農村青年の…

  「赤字が出たら自分が牛を売り払ってでもどうにかする!」

みたいな台詞に、ようやく満場の拍手をもって一大プロジェクトが可決に至ったくだりでは、自分自身心の中で拍手を送っていましたが…。

「結局誰かが腹をくくって『覚悟』を見せないと、人の心は動かせないし、物事も決まらないんだな…」

って、実感しちゃいました《笑》
illya@No.63 | 2009.08.27(木) 04:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/74-8fbc6167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。