10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/18(Sun)

諫早レポート yukiko

長崎の原爆資料館・・・、高校の修学旅行で広島の原爆資料館に行ったときは、ただ怖い、自分の上にこんなことがあったら絶えられない・・・恐怖感のみでしたが、子を産み育て、少しばかり余分に経験を重ねた今では、一言では言い表せない色々な思いが巡りました。
 わたしは、特に、亡くなった人の作品を見たときがいちばん心が締め付けられました。どんな思いで描いたのだろう。無念だったろう・・・悔しかったろう・・・・。長野県の上田市にある無言館へ行ったときにも感じましたが、本当に一握りの勝手な人たちのために潰された可能性に悔しさを感じました。
 平和記念館の近くに死んだ?こどもを抱いた母子像、スカートのひだに金の花が散らばって印象的でした。
 
 稲佐山からの夜景・・・、360°を見渡せる山頂から夜景を見ました。東京の夜景もきれいだけれど、山や港に挟まれて細長くのびる街の灯が水に映ったりして、印象的な、暖かな風景でした。(本当はとっても寒かったですけど・・・)丁度、原爆資料館で見た、原爆投下のシュミレーションの模型と重なりました。この美しい街が一瞬にして壊されたのか・・・。

 干拓地・・・、「土地の少ない日本が、土地を増やすために行った素晴らしい事業。」と小・中学校の社会で教わった。子ども心に、すごいなあ・・・、埋め立てより効率が良さそうだと感心した覚えがあります。受験にも出た重要語句。雲のかかった雲仙普賢岳まで続きそうな北海道みたいなタマネギ畑が最近まで海だった・・・・。有機肥料のいっぱい入った畑・・・。
 わたしのふるさとのすぐ近くに長良川という一級河川があります。そこは、最近まで本州でただひとつダムや堰のない川として有名でした。鮎やシジミが捕れなくなると反対されていましたが、河口堰が何年もかかって作られてしまいました。海と干拓予定地を分ける堤防道路を走ったとき、この河口堰を思い出しました・・・。

 干潟・・・、大潮だけれど干潮は朝早いから見られない・・・・。いや、朝早くてもなんとしてでも行けないモノか・・・。勇志で誘い合って行こう!翌朝は雪の予報、チェーンは?それでも・・・と意気込んでいたけれど、夜明け前だというので、時津さんが全員で行けるように夕方の時間を設定して下さいました。当初計画の干拓の里を変更したので本物のムツゴロウに会えないことは残念だったけど、「水族館のムツゴロウは痩せて可哀想。見るなら来年の5月に干潟に見に来て下さい。」との時津さんの言葉に納得・・・。本当はその時はまだ納得しておらず、「有明の寿司屋の水槽にでもいるかもしれんね。」というタクシー運転手さんの言葉に、なんとか寿司屋に立ち寄って本物の色や形をみられないモノかと思っていました。でも、本物の干潟の衝撃的な印象に、その思いは消え、いつか5月の元気なムツゴロウたちに会いたい!という思いに変わりました。
 
 美しさ、楽しさを表現する・・・神山征二郎監督の「ふるさと」(1983)という映画では、ダムに沈もうとする村の故加藤喜さん扮するじいとこぼ(こども)の自然の中のふれあいが描かれていたように思います。徳山村はわたしの家に近く、とてもきれいな村でした。今はダムの底ですが、そのダムも、完成当時には必要ではないものだったと、聞かされた覚えがあります。
 「ふるさと」では、とくに、「自然を返せ!」などと訴えるのではなく、ただ淡々とその風景が美しく叙情的に描かれていたように思います。だけど、長い年月が経った今まで、自分の中に強く印象に残っており、その時に公共事業って?という疑問がわいた覚えがあります。
 だから、わたしたちが舞台でどれだけ、歌、ダンスで、亡くなってしまった諫早の海が、どんなに暖かで楽しくて希望があって・・・ということを表現できるか・・・っていうことじゃないかと思います。

 時津さんありがとうございました。span>わがまま言って、Aコープにまで案内させてしまいました・・・・。おかげで家族に安くておいしい「ちゃんぽん」を食べさせることができました。数々の失敗をお許し下さり暖かくおつきあいしてくださったツアーの皆様ありがとうございました

10:24  |  諫早レポート  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

●訂正

平和記念館→平和祈記念館でした・・・。[太
yukiko | 2009.01.19(月) 04:24 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

ホームページ
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://2009mutsugoro.blog79.fc2.com/tb.php/8-4f4f9691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。