08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09/08(Tue)

有馬理恵さん講演会

IMG_1419_convert.jpg

9月5日土曜、飯能地域のプレ企画として、女優の有馬理恵さんをお迎えして講演会が行われた。
有馬さんは去年の憲法ミュージカルでロラマシン役を演じられた方である。

この役をもらった当初、犯した側の血を引く者が犯された者を演じることについて自分を納得させられずに苦しみ、フィリピンへ向かわれたそうだ。
そこでロラマシンが生き、眠っている土地の空気を呼吸し、「どうかこの物語を、日本に伝えてほしい」という地元の人々の強い思いを受け止めた。
しかしその後のマニラでの3時間に及ぶ記者会見では、日本という国のフィリピンに対する欺瞞と裏切りの矢面に立たされたが、最後には同じ願いで「団結」することが出来たそうだ。
大人たちは分かり合うために「ああでもない、こうでもない」と言葉をぶつけ合うのに、言葉という「武器」を身に着けていない有馬さんのお子さんと現地の子供たちはあっという間に笑顔で笑いあっていた、とのこと。

かくして作られたこの『ロラマシン物語』に、僕も出演させて頂いた。
自分たちが殺した側の子孫であり厚顔無恥な政府を戴く国民であるということを、客席で強制的に見せつけられた僕の友人たちは、一様に暗い顔をして帰って行った。
果たして今年は見に来てくれるだろうか。

それから話は変わり、有馬さんが高校時代に『釈迦内棺唄』という芝居を見て、客席で気を失うほどの衝撃を受け、「一本の演劇には人間の生き方を変える力がある」という信念を抱き今はその『釈迦内棺唄』で全国を巡演していること、またその中での感動的なエピソードなどを語られた。
有馬さんの演劇体験は簡単に一般化できるものではないが、しかし特異なパーソナリティによる特殊なエピソードとしてしまわずに、そこから普遍的な何かを私たちは導き出さなければならない。
そのためには有馬さんという一人の人間が、何によって形作られて来たのか、もっとお話を聞きたいものだ。

飯能公演実行委員長の岡部さんからは、干潟の泥にも含まれる「土」という物質の貴重さを教えていただいた。
土は落ち葉や枯れ木が堆積し分解されて出来る物だが、この長い地球の歴史の中で、地表に堆積された土の層の厚さは、実はたった数10センチから数メートルくらいしかないのだそうだ。その下は砂礫の層であり、より下は岩盤である。
そのわずかばかりの土によって、この豊かな生態系は支えられている。裏返せば、それは簡単に失われるものであり、元に戻すには気の遠くなるような時間がかかる、ということだろう。

飯能地域実行委員の皆さん、お疲れ様でした。おにぎりご馳走様でした。
有馬さん、ありがとうございました。


(ONO)
18:20  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/31(Mon)

稽古場確保大作戦!

スタッフの仕事の中には、毎週行われる稽古のために稽古場を確保という大切な仕事があります。
これは、皆さんがオーディションをする何ヶ月も前から始まる仕事で、抽選に行ったり、学校の体育館をお借りできないか交渉したりする仕事です。
スタッフのメーリングリストには「稽古場確保大作戦」というタイトルのメールが流れたりして、まだ確保出来ていない稽古場を確保するため、動き回っています。
八王子の市民センターの場合、使用日の2ヶ月前の朝9時に各会場で抽選が行われます。抽選には1団体1名しか参加できないため、最低3箇所の会場へ朝から抽選に行くのです。多い時は5箇所っていう事もありました。
第一希望、第二希望、第三希望と会場の優先順位が決まっていて、抽選日の朝会場へ行ってくれる人を決めます。抽選当日は9時少し前になるとメールや電話で各会場の状況がtsutsumiさんへ集まります。例えば「由木は凄い競争率」とか「子安はライバル1組か?」とか「台町はライバル少ないゲットできるかも・・・」など。私が行った中で一番競争率が激しかった日は16人で抽選という日も・・・。
先週は、10月25日分の抽選にキャストのおくちゃんが行ってくれました。彼女は初めていく所だったため、なんと抽選の始まる1時間前(ようは朝の8時です)に最寄り駅に到着したという慎重さでしたが、残念ながら抽選には外れてしまいました。
そして今日!10月31日の抽選がありました。無事ZENさんが抽選に当たり由木東市民センターを確保しましたv(^◇^)v
最初は朝早かったり、抽選に当たるかドキドキしたり、外れるとガッカリするので、消極的だった私ですが、近頃は「稽古場確保大作戦」を楽しんでいます(*^-^*)
(yome)
10:06  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/29(Sat)

武蔵野地域でチラシ貼り

武蔵野チラシ貼り
チラシをお見せに貼ってくださったレストランナカタのマスターと実行委員のすがいさんです


武蔵野実行委員のすがいさんからの報告です

8月20日に武蔵野の実行委員会があったのですが、その後行ったお店でダメもとで本チラシを張って欲しいとお願いしたところ、快く張っていただきました。。。武蔵野では本チラシOKのお店第1号でした。

すがいさん、うれしいお知らせ有難うございます!
チラシを貼って下さったレストランナカタのホームページは http://www.ipm.bb4u.ne.jp/~nakata-/ です。
イタリアンのお店だそうですよ。
ご近所にお住まいの方、ご近所でなくても近くに行った際は是非行ってみてくださいね。
自分達の出演する作品のチラシが貼ってあると嬉しくなりますね。
マスターさんも「私キャストなんです」なんて言ってお店に来てくれたらきっと喜んでくれますよ。
武蔵野地域のチラシ貼り、次回は吉祥寺を予定しているそうです。

皆さんの地域の話題も是非事務局へ教えてください。
どんどんブログへアップしていきます。(yome)
10:00  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/29(Sat)

「三人会」コンサートへ行ってきました


チマヨゴリ姿の昌子先生。少々緊張ぎみ?(撮影nobu)

arima1_convert_20090829084834.jpg
チマチョゴリ姿の有馬さんとても華やかでした(撮影nobu)

izakaya1_convert_20090829085030.jpg

izakaya2_convert_20090829085054.jpg

izakaya3_convert_20090829085117.jpg
コンサートの後は飲み会で~す(撮影nobu)

8月28日千駄ヶ谷の津田ホールで行われた『「三人会」コンサート夏の終わりに』へ行ってきました。
昌子先生は1部にチャイコフスキーの作品を4曲、2部では写真のチマチョゴリに衣装を変えて、鳳仙花、砕かれた花たちへのレクイエムより”少女10”、朝露の3曲を歌われました。
第2部の歌い出しは少々緊張気味か?と思いましたが、その後は昌子ワールドへ引き込まれていきました。有馬さんの朗読が加わり会場は張り詰めたようななんとも言えない空気に包まれ(表現力が乏しくて申し訳ない・・・)途中すすり泣く声も聞こえてきて・・・。3曲目の朝露を歌い終えた時の会場はステージの昌子先生、有馬さんへ惜しみない拍手が贈られました。
一昨年、絹の道合唱団の13期研究生をしてた私は、卒業公演でこの「少女10」を上演したときのメンバーでしたが、あの時昌子先生の伝えたかった事、でも私が受け取れていなかった事が、少しわかったような気がしました。
会場にはムツゴロウメンバーも来ていて、コンサート後は飲み会へと流れて行きました。
昌子先生、有馬さん素晴らしいステージを有難うございました。(yome)

09:34  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/26(Wed)

むつごろうハウスにて

8.25作業中

8月25日むつごろうハウスでは、maoとめぐりんが自己紹介カードの編集をしてくれました。
めぐりんが応募用紙からの写真を読み込んだり、maoが台紙に貼り付けたり・・・。その傍らでチケットカードを必死にカットしているのが私ですが、話に夢中になるとカットの線がずれてたり・・・。
手も口もいっぱい動かしていました。
特に書くことが決まっていないので、まさに自己紹介カードです。見るとその人が感じられますよ。
9月の合宿前には皆に配る予定ですので、楽しみにしていてくださいね。
ところで、自己紹介カードがまだ出ていない人がします。あ!出してない!と思ったあなた!次回の稽古までに出してくださいね。待ってます。
(yome)

15:05  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/23(Sun)

地域代表者会議がありました

8/22 代表者会議

8月22日に地域代表者会議がありました。(携帯で撮ったので画像が悪くてごめんなさい)
この会議はむつごろうラプソディを支えてくださっている地域実行委員が集まって、各地域の状況などを報告する会議です。
今回は、各地域で始まったチケットの配券や今後の企画などについて意見交換しました。
ほんの少しですが、ご紹介します。

昭島・西多摩地域
10月3日にプレ企画を予定しています。参加した人がチケットを売りたくなるような企画にしたい!
昭島・西多摩地域では、各地域に支えてくれる実行委員がいます。これからも独自にニュースを作って送る予定です。

多摩・町田地域
9月20日にプレ企画を予定しています。多摩地域と町田地域それぞれに会議の時間を設けてチケットの配券を進めています。また、ハガキ作戦を展開中!地域の方々を中心に毎月150人位の人にお知らせを送っています。

飯能地域
地域実行委員を、今後50名に増やしていきたい。飯能地域ではすでに様々な役割分担が決まっていて、地域で行う会議にも毎回15名位は参加しています。9月5日のプレ企画も具体的に進めています。以前、飯能地域で憲法ミュージカルの公演が行われた時は、公演直前に臨時の事務局を独自に設置していたので、今回も検討中です。

武蔵野地域
地域の中心となっている武蔵野法律事務所で、チケット管理をしてくれる担当者も決まり、チケットの配券について詰めているところです。プレ企画はすでに1回していますが、もう1回くらいはやりたいと考えています。

立川地域
9月6日のプレ企画に沢山の方に来て頂くよう声かけをしています。この間どこかで集会があれば、呼びかけ人弁護士が中心となって時間の許す限り、アピールをさせてもらってます。

ここでご紹介したのは、会議の中のほんの一部ですが、それぞれの地域のアイデア等が聞けてとても有意義な時間でした。これからも地域実行委員の皆さんの情報をお届けしますね。
(yome)
00:30  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/12(Wed)

東京新聞の記事

小林善亮実行委員長のインタビュー記事が先週の東京新聞に載りましたので、ご紹介します。
ミュージカルの宣伝ということではなく、今度の総選挙の争点に関する特集記事の一環だそうです。

東京新聞「争点の現場から」

<争点の現場から>憲法 失われた審判の機会
2009年8月3日

 米軍が迫り、防空壕(ごう)に追い詰められた家族。「ぼく、小刀持っているよ」。小さな息子から渡された刃物で、父親は次々に家族全員の首を切って最後に自決した。その血潮は赤い照明となって舞台を染める。集団自決の物語を回想する女子高生の独白が響き渡った-。
 所沢市上安松に住む小林善亮(よしあき)弁護士(34)は、憲法をテーマにした市民ミュージカルを企画している。舞台に立つのは二十、三十代の若者が中心。二〇〇七年五月に町田市など都内四カ所で行った公演は、沖縄戦を題材とした。ふだん憲法に触れる機会が少ない若い世代に、憲法の中身を考えてもらう狙いだ。
 沖縄戦の舞台の合宿中には、元ひめゆり学徒隊の女性を招いて体験談を聞いた。出演者の高校一年女子は当時、「(個人の尊重など)空気のように当たり前で普段、気付かない憲法が守ってくれることがあるからこそ、自分が自分らしく生きられることが分かった」と話したという。
 「憲法の中身を知らない若者は多い。だが、彼らも機会さえあれば、真正面から憲法に向き合うセンスと力を持っている」と、小林さんは言う。
 国民が衆院議員を選べなかったこの四年間、国会では自衛隊の海外活動を本格化させたイラク特措法、憲法改正へ扉を開く国民投票法などが相次いで成立した。いずれも国民の信を問うには十分なテーマ。だが、政権は首相をすげ替えるだけで、国民が審判を下す機会は失われ続けた。
 「憲法にかかわる施策が推し進められた構造改革の陰で、市民生活を軽視する政策が進んだ」と小林さん。憲法は「国のかたち」を示す基本法。「今回の選挙で、各党はあるべき社会像を争点として提示すべきだ」と強調する。
 だが、出そろったマニフェスト(政権公約)を、小林さんは「どれも二〇〇七年の参院選時を踏襲した程度」で不十分とみる。憲法改正を前面に掲げた安倍晋三首相があえなく退陣して以来、憲法問題が語られることは少ない。だが「(格差社会が広がり)国民の幸福追求権や生存権が脅かされている今こそ、各党は何が国民の幸福と考え、どんな社会を目指すのかを明記し、議論を起こすべきだ」と訴える。
 集団自決を演じることで、若者たちは、当時の人たちの痛みに思いをはせる。この想像力が、現代社会で弱い立場に追いやられた人たちの痛みへの共感につながる、と小林さんは考えている。
 手当支給や授業料の無料化など、盛大なばらまきで子育て世代の歓心を買おうと躍起の選挙戦。小林さんは言う。「国民の痛みに気付かないような政治は、国民から見放されるのは明らかだ」 (山内悠記子)


(ONO)
16:08  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/10(Mon)

チラシ完成!

写真をクリックすれば全体が見られます。多分。
チラシ表面

チラシ裏面

山田洋次監督からのメッセージ、「このミュージカルの成功は、ぼくたちの国の希望につながる」・・・。
本当に、この期待を裏切らない作品を作らなければ・・・。
戦慄しています。

(ONO)
19:38  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.08/10(Mon)

動画の再生について

You Tubeにアップした動画ですが、「コマ送りやスローで見ることは出来ないか?」という質問を受けました。
You Tubeのサイト上ではそういう機能は無さそうですが、僕の場合はPCで、「GOM PLAYER」というフリーソフトで見てます。ネットから無償でダウンロードできます。
再生中に「X」キーで可変スロー(音声付)、一時停止中に「F」キーでコマ送りできます。

You Tubeさんのほうでは、「動画のアップロードはいいけどダウンロードはダメよ」などと言ってるので、ダウンロードの方法についてはあえて書きませんが、検索すればすぐ分かります。

携帯に落とす方法は、僕は知りません。多分機種によって様々なんでしょうね。
(by ONO)
18:54  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/03(Fri)

オーディション~仕込みの巻き~

オーディションは持ち時間2分。
もたもたしているとあっという間に時間は過ぎていく。
仕込みをしっかりしてくる人も多かった。

3番目に登場のkajirimaruは、椅子から立ち上がり歩き出したところから
準備した音源を流してくれとのリクエスト。
スケッチブックに伝えたいメッセージを書き込み、それをめくりながら歌う。
短い時間を最大限に使う工夫。
2分ぴったりに尺を合わせ終了。
十分に自己アピールできたましたね。

息子二人とやるので2×3=6分くれ!と連絡あったロラパパ。
オーディション会場に到着するなり、「衣装をつけるのでゼッケンを
はずしていいか」と。なんだか荷物も多いぞ。
奥様とおねえちゃんとkotone姫も友情出演。
絵コンテまで準備し、家族総出で「スターウォーズごっこ」を披露。
家でもきっとやっているんでしょうね。
奥様、お姉ちゃんありがとうございました。
6月28日はkoutaの誕生日でしたね。
Happy Barthday!! 

美空ひばりの「酒」を歌うマダム。
おっ!?どこに仕込んでいたかグラスが出てきた。
すっかり酔いしれました。


~仕込みの巻~おわり。
10:27  |  ムツゴロウ通信  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。